2018年投資方針

年末年始の休みといっても両家の実家挨拶、初売りセールの買い物(妻の荷物係)、何より幼い子供2人の面倒を見るのは大変で、なかなかゆっくり過ごす時間が取れませんでした。そんな中、2018年の投資方針について少し考えてみました。

[ Sponsered Link ]

国内株式

現状、アセットアロケーションの大部分を占めていて、ほぼ全ての銘柄で含み益状況ではありますが、本年からは含み益が増えることを喜ぶだけでなく少しアクティブに行動したいと考えています。
具体的には1~数か月の中期的なスパンを目標に利益確定を出せるようにしたいです。

今まで投資への原資は、ほぼ給与等の余剰資金から賄っていました。
しかし、この余剰資金ができるとすぐにGNI(2160)へ投資していたこともあり、現金プール(余剰資金)が常に皆無な状況でした。
そんな状況の中、地政学リスク等による一時的な下落相場で買い付けたくても資金が無く、悔しい思いを幾度となく経験してきました。

現金プールの大切さは以前より理解していましたが、上記理由もありなかなか実践することができていませんでした。
このような理由から中期運用による利益を現金プールの一部に割り当てたいと考えています。

実はこの方針に先行して昨年末、ある銘柄に仕込みをしました。
IRから目標とするスパンでの株価上昇が期待できると判断したからです。

尚、GNI(2160)については4Q決算前までにNISA枠にもう1単元格納したく考えています。また、上記中期スパン投資の運用成績が良ければ2単元も考えています。(かなり爆騰しないと厳しいですが。。。)

投資信託

基本方針に大きな変更はありません。
ただし、ポートフォリオにある『ひふみ投信』は運用先を変更する予定です。
『ひふみ投信』は名前の通りレオス・キャピタルワークス直販の投資信託です。信託報酬の違い等の理由からこちらで開設していましたが、以下の理由からSBI証券で『ひふみプラス』を購入していくことにしました。

・将来的に『つみたてNISA』に移行する際、『ひふみ系』以外の投資信託でもつみたてNISAを利用する可能性もあることから(当面は従来NISAで運用予定)
投信マイレージが付与されるから

仮想通貨

2017年12月末の資産額記事でも書きましたがRipple(XRP)リップルを20万円分購入(12月中旬)しました。

その後、リップルについて更に詳しく調べていくと、直近いくつかのイベントが成功すれば価額レンジは数段上に上昇していくのではと考えました。
また、リップルのシステムが今後、問題なく各国の金融機関等に採用(※)されれば高確度で飛躍的に価値が高まるのではと推測しています。
※日本でも次世代送金インフラ整備を目的としたプロジェクト(内外為替一元化コンソーシアム)に三井住友銀行、ゆうちょ銀行等の61行が参加しています。

このような背景から価値(価額)が上がった後だと、取得枚数も減ってしまうので早い段階で一気に資金を投入して放置する方が良いのではと判断し追加投資しました。
(勿論、マイルールの総投資額の10%には及ばない程度の額です。)

行動時は120~130円で推移していましたが、ポジティブな出来事に影響し200円を超え300円にすら迫る勢いでした。
仮想通貨の世界ではこの出来事が一日で起こったりします。

騰落率90.00%とか笑ってしまいますね・・・
流石に加熱感が強かったのでその後の利確組や狼狽売りで一時180円台をつけ、その後220~230円で安定しました。

株式投資では特定の条件が無い限り騰落率が90.00%など経験できませんがGNI(2160)で長期に渡る厳しい株価いじめ?を受けてきたので至って平常心で見ていられます。

また、仮想通貨取引所は基本365日24時間取引できることもあり、価額推移に日々一喜一憂している方には向いていないかもしれません。

リップルについては100円台の下落相場が来ない限り当面は追加投資の予定はなく、暫く放置します。

尚、仮想通貨のリスクは常に意識し、最悪原資がゼロになることも念頭に行動しています。
(宝くじを買ったという感覚でいると良いのかもしれません。)

◆2018/1/4追記
本日発刊の読売新聞には箱根駅伝より大きく一面に取り上げられていました。

 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 
銀行送金に仮想通貨技術、手数料大幅引き下げへ
http://sp.yomiuri.co.jp/economy/20180103-OYT1T50130.html
 仮想通貨の基盤となる「ブロックチェーン」技術を使い、銀行間の送金手数料を大幅に安くできるサービスが今年3月にも一部の銀行間で始まる見通しとなった。

 

そして日本経済新聞にも最近の急騰ぶりが取り上げられていました。

恐らくこれら大御所メディアに載ったことで仮想通貨に懐疑的だった中高年層の投資家による買いが集中したのではと思われます。
これにより、本日は一時400円台まで高騰しました。

その他投資先

こちらについては以前から書いていますが米国ETFか米国高配当個別銘柄へ投資する予定です。
まだ具体的な方針が決まっていないのと、現段階で資金の捻出もできていないので6ヶ月~頃を目途に方針確定し、投資開始したいと思います。

確定拠出年金は全体の運用の状況を加味して開始するかを判断したいと思います。
これを始めるには、実は会社から社印の押印を貰わなくてはなりません。その該当部署の担当者がちょっと面倒な人もあり準備に少々億劫になっているのが正直なところです。。。

あとがき

今年は主力投資先のGNI(2160)が黒字化し、株価も会社としての認知度も大きく変貌することを期待しています。

また、これまで書いたように新たな取り組みを実行していきたいです。

資産2億円を60歳までに・・・の記事で書いている投資スタンスは基本的に変わることはありませんが、細かな部分でその時々の投資トレンド、自身の考え方の変化も交え修正舵を入れながら早期目標達成をしたいと考えています。

また、今年は去年から始めた副業を本格稼働させて収入を増やしたいと考えています。
今回、中期目的に購入した国内株式銘柄とRipple(XRP)の追加購入はこの副業と臨時収入(副業の収入割合は僅かです)の原資からでした。

本業や副業、子育てでかなり忙しく、こちらのブログ更新は依然マイペースとなってしまいそうですが本年もどうぞ宜しくお願い致します。

[ Sponsered Link ]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA