ジーエヌアイ(2160)GNI 急展開!増資(MSワラント)6月行使状況所感①

昨日は出来高4,100万超え!高値ストップ高の485円!場中の行使許可IR!本日も出来高2,100万株!そして終値も大幅に上昇し大きな転換期を迎えたと言えそうです。

◆2017年6月15日 取引詳細情報

前日値 :439円
始値  :455円
高値  :494円
安値  :442円
終値  :491円
出来高 :21,068,000株
時価総額:56,177百万円

◆機関空売り情報

2017年6月14日
モルガン・スタンレーMUFG
残高数量:  6,927,299株
増減量 :+3,827,000株

2017年6月12日
JPモルガン証券
残高数量:  1,036,847株
増減量 :      -27,000株

2017年6月13日
ドイツ銀行ロンドン支店
残高数量:  1,313,000株
増減量 :     +93,000株

2017年6月8日
Numeric Investors(Alt Beta)
残高数量:     685,000株
増減量 :     新規

 

6月13日夜に海外出張から無事帰ってきたのですが 非常に良いタイミングで帰国できました。

想定外の急速な展開により6月末か7月頭に記事にしようとした6月行使状況所感を繰り上げてUPします。

 

[ Sponsered Link ]

 

行使処分・取得の考え方

まず、前回の5月行使の所感ですが誤った認識をしていた点がありました。

それは、『当日行使=当日市場内売却』と認識していたのですが必ずしもそうではないということです。
EDINETを良く見たところ解ったのですが行使には『取得』と『処分』があります。

行使(処分):モルガン・スタンレーMUFGが予めGETしている新株予約権証券(普通株への引換券)を使ったこと

行使(取得):モルガン・スタンレーMUFGが新株予約権証券と引き換えで普通株をGET(前日終値の92%)したこと

 

これだけだとまだ解りにくいので以下EDINET変更報告書(6月1日抜粋)を例に記載します。

<出展 EDINET(E10802)変更報告書No.3>

赤枠下段185万株の『新株予約権証券』を使って(処分)、赤枠上段185万株の普通株をGET(取得)する一連の流れが『行使』ということになります。
つまり行使とは普通株をGETする行為に過ぎず、市場内で売却することではないということです。

ちなみに6月1日の『市場内処分』は上記報告書によると約200万株売られたことが確認できます。
そしてこの日は空売り残高を166万株(空売り情報サイトより)も増やしています。

つまりこれは市場内で売った200万株の殆どが空売りで占めていること。また、残りの約34万株については①当日orそれ以前に市場内で取得した普通株、②当日orそれ以前に行使により取得した普通株のいずれかが充てられたと考えられます。

従って、6月1日行使によりGETした185万株は0~34万株の範囲で当日市場内処分されたと推測されます。

尚、6月1日に増やした空売り166万株は6月6日に空売り残を一気に237万→50万(▲187万)減らしていますがここで現渡し(行使取得した株で返済)した可能性が高そうです。

 

[ Sponsered Link ]

 

株価・出来高に対する行使状況

****************************
※2017/06/28 追記
10%制限の情報及び基準発行株数の情報は誤りでした。
最新の情報は以下を参照ください。
ジーエヌアイ(2160)GNI (訂正版)MSワラント歴月行使進捗
****************************

※グラフレンジは出来高4,100万株に合わせると空売り、行使数が地を這うようなグラフになるので2,500万株までとしました。

6月13日を契機に大きな転換期になったと感じさせられます。
6月14日の出来高4,100万株も驚きますが、空売り残が690万株増加したことに更に驚かされます。

ところで、6月14日時点で行使可能残数が650万株/2,000万株ありますが、あるルールが確かに実行されているなら本日以降、今月中に行使できる最大数は約260万株だと考えられます。

そのルールとは以下です。

『原則として、単一暦月中にMSCB等(同規則に定める意味を有する。以下同じ。)の買受人の行使により取得される株式数が、MSCB等の払込日時点における上場株式数の10%を超える場合には、当該10%を超える部分に係る転換又は行使を制限するよう措置(割当予定先が本新株予約権を第三者に売却する場合及びその後本新株予約権がさらに転売された場合であっても、当社が、転売先となる者との間で、当該10%を超える部分に係る転換又は行使を制限する内容を約する旨定めることを含みます。)を講じる予定です。

<出展 株式会社ジーエヌアイグループ 第三者割当てによる第40 回新株予約権(行使価額修正条項及び行使許可条項付)の発行に関するお知らせ P.12>

そして6月に行使可能な残数が以下のように求められます。

①増資前の総株数   114,024,000株
②5月中の行使数      3,490,000株
③6月14日までの行使数   10,160,000株
④合計           127,674,000株

⑤④の10%        12,767,400株
⑥6月14日までの行使数 10,160,000株
⑦差引          2,607,400株

これにより今月行使できる残数が260万株だと考えられます。(ちょっと自信ありませんが。。。)

更に、過去の大量行使IRから新株発行数の10%以上(200万株以上)で出されていることが確認できます。
本日そのIRが出なかったということは本日の行使数は200万株以下、但し出来高が2,100万株もありましたので統計的に見て最低でも100万株台は行使されていそうです。

そう考えると今月行使はあと数日で終わると考えられます。

尚、空売り残数については以下2点の理由から大きく減少していくのではと推測しています。

①上記の通り行使使用制限があり、また残数量にも限りがある。
(行使取得した普通株は現渡し用に相当数プールしていそうですが)
②表からも確認できますが行使数と空売り数は比例して推移していることから、今後行使数減少=空売り減少が予想される

 

[ Sponsered Link ]

 

行使進捗と65億円進捗状況

前回、5月行使所感の記事で『1,140万株分の行使許可で65億を調達する、そのために後半怒涛のIRラッシュがあるだろう』と予想していました。

。。。

いやぁ、恥ずかしい。。。

全く予想が外れてしまいました。。。

まさか6月13日~6月14日の2日間で約590万株もの行使を実施するとは思いもしませんでした。
これは先発行使許可1,140万株に対し約50%、全数2,000万株で見ても約30%に相当する数量です。

怒涛の行使も気になりますが、何より気になったのがGNI(2160)の『だんまり』です・・・

5月9日の行使開始から本日6月15日までに出されたIRを確認すると全て四半期決算や増資(行使)に関連するIRのみです。

確実に株価UPに直結するIR(生産能力10倍工場進捗、保険実装進捗、いくつかの省でBAB人工骨材購入、他)が出せるはずなのに頑なに出さない。。。

逆にIRレベルになろう情報を『お知らせ』で、しかもオブラートに包んで開示しているようにさえ見えます。

直近6月8日の『連結子会社北京コンチネント薬業有限公司とInceptua Clinical Servicesによる国際的製薬企業向け医薬品開発サービスに関する提携のお知らせ』では『両社の提携による最初のプロジェクトが成功裏に終了しましたので併せてお知らせします。』一部抜粋)

。。。

『おい!そこまで説明していて肝心なプロジェクトの説明は無い訳!?』

・・と私はモニタに向かってツッコミました。

恐らく詳細な説明にするとIR情報としての開示(エキサイティングな情報)義務になるので、意図的に『含みありのお知らせ』にしたのではないかと考えています。

 

つまりGNI(2160)は何が何でも増資中にはIRは出さない(出せない?)姿勢であるとしか思えないのです。

以前も書きましたがBIG IRで株価が行って帰ってくることがありそれを懸念しているのでしょうか。

それとも安い価格帯でどこかの誰かに大量に取得させたいのでしょうか。(そうするにはモルスタとの連携が必要になりますがそこまでの関係ではないようにも感じます。)

結局のところ怒涛の行使もだんまりも理由は解りませんが、ポジティブに考えるとMSワラント履行中に関わらず起爆剤(IR)無しでよくここまで株価を維持できたと思います。

 

行使数 :13,650,000株(68.3%)
行使価額:52億2758万円(80.4%)

※6月14日時点。行使数割合は2,000万株に対して

資金調達については予想通り『BABのM&A』に重きを置き進めていることはほぼ間違いなさそうです。

『行使許可申請書の提出がなされた場合に行使許可を行うかどうかは当社の裁量によって決定することができます。当社は、行使許可申請書の提出がなされた時点の当社の事業環境や資金需要、株価水準等を総合的に勘案し、行使許可を行うかどうかを判断致します。』

<出展 株式会社ジーエヌアイグループ 第三者割当てによる第40 回新株予約権(行使価額修正条項及び行使許可条項付)の発行に関するお知らせ P.5>

上記IR抜粋の記載の通り鑑みた結果、6月14日に残数8,600個の行使許可を出した訳です。
また異例の場中IRから先発の弾(行使許可1,140個)が切れ、即座にオカワリ(追加行使)したかったことが伺えます。

つまり、理由は定かではありませんが株価が安かろうがとにかく行使を急ぎ進めたいたいとう思いが伝わってきます。

 

[ Sponsered Link ]

 

行使状況と各社空売り状況

やはりモルガン・スタンレーMUFGは新株予約権を行使できる立場であることから相場を掌握できるので派手に空売りを行っています。

そして第4勢力としてNumeric Investors(Alt Beta)が現れました。
マサチューセッツ州ボストンに拠点を置く機関投資運用会社で日本法人は無いようです。

空売り3社は派手に動かず(動けず?)モルガン・スタンレーMUFG動向を探りながら調整した動きといったところなのでしょうか。

※本日分の空売り情報は解り次第更新します。

 

[ Sponsered Link ]

 

あとがき

予想を裏切る怒涛の行使で一気に9合目付近まで来た感じです。

終値が300円台を付けたときは含み損に舞い戻ることも覚悟しましたがこの数日で一気に状況が反転しました。

これからは苦しい期間を乗り越えたご褒美にスーパーボーナスステージが待っています。
しかも爆上げレベルのIRがザクザク控えているのです。

きっと来月(早ければ今月末?)は笑いが止まらないことになっていることでしょう。

 

それにしても6月14日の出来高4,100万株ですが明らかになっている機関と個人だけではなし得ない出来高だと感じています。

どこかの大きな組織、機関の買いが入ったのでしょうか。
そうであれば大量保有報告があるかと思いますが気になるところです。

 

最後に、冒頭で『非常に良いタイミングで帰国できました。』と書きましたが、ここ最近悩んでいたことに決断し実行できたからです。

こう書くとネタバレになってしまいますが詳細については6月末資産額記事にて書きたいと思います。

 

[ Sponsered Link ]

「ジーエヌアイ(2160)GNI 急展開!増資(MSワラント)6月行使状況所感①」への8件のフィードバック

  1. おかえ🍎~
    今日は朝から張り切って応援しました。
    500円台ならまずまずと思いきや、まさかのストッポ💖
    楽しい週末になります。

    見解を拝見🌸
    御意!!!!

    で何の悩みが??
    っとツッコミを入れてみた~🙌

    1. >yakushimaruさん
      出来高をこなしてのストップ高、嬉しい限りですね。
      このストップ高・出来高、そして四季報を通じて多くの方の目に留まったかと思います。
      どんどん注目され、評価されていけば嬉しいですね。
      悩みですか・・・
      『骨の髄までGNI』といったところでしょうか。
      BABから代替骨を調達する必要がありそうです(笑)

  2. 元気ですか💗
    GNI掲示板でこちらが紹介されてましたょ😲
    行使も残りわずかですね。
    残りは4桁で行使してもらいたいものです。

    ところで、以前より気になっていることがあります。
    アイスは塩野義のピレスパとまるっきり同じ成分なのかどうか?です。つい最近似たような論争がありました。
    ムカチューさんとcritic_skiiさんの論争です。数年前からありましたが、ムカチューさんはステロイドを含んでいるような説で塩野義とは「似て非なるもの」。skiiさんは同じ成分。と両巨頭はいまだすれ違いです。
    会社は非ステロイドと表記してますが、さてどうなのでしょう?
    さらにはF351は効能、毒性がかなり改善しているとのこと。
    そんな、こんなで考えるとますます????です。
    もっと化学を勉強しなくっちゃって感じ~~

    独り言でした🌸

    1. >yakushimaruさん
      最近アクセス数が急に増えたので何だろうと思っていましたがそういうことだったのですね。
      こんな当たらない情報や所感を書くブログに恥ずかしい限りです。。。
      ご質問の件、私も議論の経緯について存じています。
      私は医学や化学のことは素人レベルの知識しかなく、この件についてまだ詳しく調べていないので何が正しいかは正直解りません。
      ただ少しだけ言わせてもらえれば、確かにアイスーリュイはIRにも『非ステロイド』と書かれています。
      また、『アイスーリュイ=一般名ピルフェニドン』ともGNIは表現していることから少量のステロイドだとしても、それが含まれるなら『ピルフェニドン』という化合物ではなくなると理解するのが素直かと考えています。
      この議論に登場する有識者達はとても素晴らしい知識の持ち主であることに私は敬意を表しています。
      そしてアイスーリュイより遥かに薬効・副作用の少なさを示すF351が世界に羽ばたくことを夢見て待っています。

  3. またまた意味深なストックオプションですよ💛
    この機に乗じてって感じ~。
    でも3ケタ最後のスト君になってくれればとも思ったり。
    今日のIRにあった総発行株数からすると、55.5万株ここで
    行使したような感じですね。
    いけいけどんどん!!ゴーゴーゴーって株価もそうなって欲しいですね🌸

    1. >yakushimaruさん
      そのストックオプションの記事を書いた後にコメントに気づきました。
      55.5万株行使・・・
      もしかして私のブログの情報からでしょうか?
      であれば申し訳ないです、多分この数値は間違いだと思います。。。
      詳しくは今日の記事に書いた通りです。
      色々な出来事が追い風となり株価は間違いなく上昇していくと思っています。

  4. ありがとうございます。
    3月31日の発行株数の見落としでした。
    あちらのもうひとつの掲示板も訂正しました。
    たまにはあちらの井戸端会議掲示板にもお越しください。
    私が立ち上げたスレでもないのですが、最近本板は
    スピードが速くて~~??

    ワラントはなるべく高値で行使してもらいたいですね!!
    まもなく激熱GNIの季節が来ればと期待したいです!!

    1. >yakushimaruさん
      本スレ流れが速すぎですよね。追いつけません・・・
      そして有識者の貴重なコメントが埋もれてしまい本当に残念です・・・
      井戸端会議掲示板(笑)こちらも拝見させて頂いています。
      貴重な情報ありがとうございます。
      そうですね、ここまできたら残りはしっかり高値で行使してもらいたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA